スポンサードリンク


香典返し

香典返しをする場合、奉書紙、もしくは半紙に包みます。
黒白の水引をかけて、上部に「忌明志」又は「志」と書き、下部に「○○家」と書きます。
香典返しは一般的にいただいた香典の半額の品をおくる「半返し」となっています。
最近では、3分の一や、一定金額の香典返しもあるようです。

贈る時期としては、35日か49日の忌明けの法要に行います。(仏式)
香典返しを送る際にはのしをつけるのが一般的なようです。
香典返しは一般的に忌明けとなる四十九日に贈りますが、その際に必ず挨拶状を添えます。
心を込めて書き、葬儀、告別式での弔問・会葬・弔辞・芳志に対しての感謝の言葉について挨拶状を書き 忌明けの法要に関してのご報告をすると良いでしょう。

香典について → 香典袋の書き方 → 金額の相場 → 香典返し → 香典Q&A

スポンサードリンク